破産宣告のデメリットまとめ~あなたは本当に破産宣告しますか?~

破産宣告のデメリットまとめ~あなたは本当に破産宣告しますか?~

破産宣告のデメリットまとめ~あなたは本当に破産宣告しますか?~

自己破産とは破産宣告を裁判所に申し立てをして、自分が多額の借金を抱えているために支払い不能の状態に陥ってることを認めてもらう手続きとなります。
借金の支払い義務を帳消しにしてもらう代わりに、自分の持っている財産のほとんどを処分するデメリットのある制度となります。
自己破産をするためには裁判所に対して破産宣告をして、借金の返済がどうにもならないことを裁判所に認めてもらわなければなりません。
自己破産の手続きを成立させることによって、借金の取り立てから解放されて、返済をする義務が無くなることで新たな人生のスタートを切ることが可能になります。
破産宣告をすることで、借り入れを行っていた借金に連帯保証人がいるときには、保証人に支払い義務が発生しますので自己破産をしたときのデメリットと言えます。
従って、保証人に借り入れを行っていた、貸金業者などの取り立てや請求が行われるようになります。
破産宣告の手続きを行うと、政府が定期的に発行している官報に掲載されます。
官報に掲載されることによって、名前や住所が第三者に知られてしまうことになります。
破産宣告を行うことによって、弁護士や司法書士、公認会計士、税理士などの資格が一定の期間制限されます。
破産宣告の影響によって、10年間ほど信用情報機関に登録されることによってブラックリストの扱いになりますので、新規のローンなどの申し込みを行って借り入れができなくなることもデメリットに挙げられます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

破産宣告のデメリットまとめ~あなたは本当に破産宣告しますか?~関連ページ