破産宣告とは?※5分でズバリ!誰も教えてくれない借金問題

破産宣告とは?※5分でズバリ!誰も教えてくれない借金問題

破産宣告とは?※5分でズバリ!誰も教えてくれない借金問題

破産宣告をする前に
  • 債務整理の費用はいくら?
  • 最適な債務整理の方法は?
  • 無料・匿名で利用できる
  • 3つの質問に答えるだけ

まずは借入件数借入額を入力してシミュレーションしてみましょう。

債務整理シュミレーター

まずは試しに無料診断で自分には何が適しているのか診断してみましょう。
いきなり専門家に相談するのはちょっと気が引ける・・・という方にも安心です。

 

破産宣告とは?

破産手続開始の申立てをし、申立て後、
裁判所に破産手続を開始してもよいと判断されれば、破産宣告となります。
破産宣告すると、簡単に言えば借金が全額帳消しになるというものです。
※ただし、破産宣告にはそれなりの条件やデメリットもあるので気をつけましょう。

そもそも破産宣告以外の債務整理の方法って?
債務整理にはどんな方法がありますか?

債務整理の方法は5種類あります。

 

借金問題を解決するには、どの債務整理方法が自分に合っているか確認して
正しい手段を選択することが重要です。

>>5分で自分に合った債務整理方法を診断しよう!

破産宣告の条件とは?

破産宣告をするにあたって、条件があります。

返済不能であること

まずは「返済不能な状態であること」です。
明確な基準はないようですが、個人の置かれている状況によって、返済できないと認められるかどうか変わってくるようです。
一般的には”収入から最低生活費を除いたあとの金額で3年以内に返済できる金額であるかどうか”という部分がポイントになると言われています。

その前に!
手持ちの現金がないとしても、車や持ち家などの財産がある場合は、可能な限り財産を処分し、返済に充てなければなりません
換金できる財産は換金し、返済に充てたあとに残った債務がどのくらいかという部分が重要になってきます。

免責不許可事由に当てはまらないこと

次に「免責不許可事由に当てはまらないこと」も条件になります。
免責不許可事由というのはいろいろありますが、一般的に当てはまる可能性が高いものとしては、”ギャンブルや浪費による財産の減少”です。
例えば、競馬やパチンコなどのギャンブル・株取引などの射幸行為の影響で、著しく財産を減少させた場合には免責不許可事由に当てはまってしまいます。
※射幸行為とは、偶然に得られる成功や利益をあてにする行為のこと

 

破産宣告の費用ってどのくらいかかるの?

破産宣告の条件はわかったけど、実際破産宣告をするとなるとどのくらいの費用がかかるのか?知っておきたいところですよね。

破産宣告の費用はだいたい20万円~50万円程度

自己破産の弁護士費用の相場が、だいたい20万円~50万円程度かかると言われています。

 

そんなにかかるんじゃ破産宣告したくてもできない・・・と落ち込む前に!

弁護士事務所や司法書士事務所の中には、初期費用0円、分割払いや後払いが可能な事務所もあるので、まずはそういう事務所に相談してみるのもよいでしょう。

 

 

破産宣告の手続きの流れとは

破産宣告をしたい場合、どのように進めていくのでしょうか?
破産宣告は弁護士に依頼せずに個人で手続きをすることも可能ですが、複雑な法律の知識が必要になるため、弁護士に依頼するのが一般的です。
ここでは一般的な、弁護士に手続きを依頼して進めていく方法の流れをみてみましょう。

 

  1. 裁判所に必要書類の提出
  2. 破産審尋(1回目の面接)
  3. 破産手続き開始決定 

    ※ここで財産がある場合は、破産管財人により財産の管理・処分と債権者への配当が行われます。

  4. 免責審尋(2回目の面接)
  5. 免責許可の決定 → 借金返済免除
  6. 官報への掲載

期間としては、半年~1年以上かかると考えておきましょう。
難しい手続きが多いように思うかもしれませんが、弁護士に依頼して手続きを行う場合は、基本的に手続きは弁護士がやってくれます。

 

無料相談ならサルート法律事務所!

 

・24時間365日無料相談受付
・債務整理に特化してるからノウハウ豊富
・初期費用0円

 

 

 

破産宣告した後の生活はどうなるの?

メリット
すべての借金が帳消しになるので、借金問題が解消する。

デメリット

  • 家・車などの価値のある財産を失う。
  • 官報に掲載されるため、一定期間借り入れができなくなる。
  • 一時的に職業や資格に制限が出てしまう。

 

破産宣告は、成功すれば”すべての借金が帳消しになる”という大きなメリットがありますが、
大きなメリットに伴い、いくつかのデメリットが発生します。
借金問題で悩んでいる方は、ひとりで債務整理方法を決めるのではなく
まずは専門家の意見を聞いてみることが正しい解決方法への第一歩となるでしょう。

>>サルート法律事務所はこちら

 

 

破産宣告をする前に

いきなり専門家に相談するのはちょっと気が引ける・・・という方は、
まずは試しに無料診断で自分には何が適しているのか診断してみましょう。

  • 債務整理の費用はいくら?
  • 最適な債務整理の方法は?
  • 無料・匿名で利用できる
  • 3つの質問に答えるだけ

まずは借入件数借入額を入力してシミュレーションしてみましょう。

 

債務整理シュミレーター

破産宣告手続を行って得られるものとは

金融業者からの借り入れを行っている人の中には、返済の金額が大きくなることで支払いができない状態になることもあります。 そのような多重債務の状況になったときに、解決する手段として債務整理の方法があります。 債務整理とは法的に借金を解決する手段のことで、自己破産や任意整理などいくつかの方法をとることが可能となっています。 自己破産とは債務整理の中で最も知られている手続きと言えますが、自己破産を行うときには破産宣告を行います。 破産宣告の手続きは、自己破産の申立人は申立書を地方裁判所に提出することになります。 破産宣告が行われたときは、裁判所は破産の決定をするべきかどうか審理を行うことになり、申し立てを行った者が借金の支払い能力が無い状態である条件がそろっている場合には、破産宣告が認められる形となり破産の決定がなされます。 破産の決定がされただけでは借金の支払い義務が帳消しになるわけではなく、さらに免責の決定を受けることによって借金の支払い義務を免除してもらえることになります。 自己破産の手続きでは破産の決定と免責の決定の両方を裁判所に認めてもらうことで、借金の支払いを免除してもらえることが可能となり、金融業者への支払いをしなくて済みます。 免責においても破産の決定と同じように、裁判所において審理が行われてから決定するかどうか決められます。 破産宣告とはそれだけでは借金の支払いから逃れられる手続きとは言えないもので、自己破産によって借金問題を解決するためには免責の決定を受けるところまで認めてもらわないとならないと言えます。

破産宣告を行って失うものとは

もっと低金利のところへの借り換えローンを活用して、更に低い金利を実現することも適切な方法です。とはいえ、最初の段階で特に低金利の消費者金融を選んで融資を受けるのが最適な方法であることは紛れもない事実です。 消費者金融を利用する時に関心を引くのは金利に関することですが、無数の口コミサイトを見てみるとそれぞれの金融会社の金利や返済方法の選び方などを、詳細に書いてくれているところが多く見受けられます。 金融会社からの初の借り入れで、金利の比較を試みることが最善の方法というわけではないというのは確かです。自分から見てとにかく頼もしく、失敗のない消費者金融を選ぶことが大切です。 総量規制の適用範囲をきっちりとわかっていなかった場合、いくら消費者金融キャッシング会社を一覧にまとめたものを探してきて、順に審査を申し込んでいったとしても、審査を無事通過することができないというケースも現にあるのです! 今月お金を借りて給料日には必ず返済できるということが確実にできるなら、すでに金利を考えながら借りるようなことはしなくてもいいということになります。無利息でお金を借りられる便利な消費者金融会社が存在するのです。 「何としてでも今すぐお金を用意しなければならない」・「家族や親戚にも友人たちにもお金のことで心配をかけたくない」。そういう状況の時には、無利息となるスパンのある消費者金融に力を貸してもらうのが一番です。

破産宣告について免責とは?

自前の調査によって、人気が集中していて貸付審査に楽に合格する消費者金融業者を一覧できるようリスト形式にしたものを用意したので是非ご利用ください。せっかく申請したとしても審査を通過しなければ申し込んだ意味がありません! 銀行グループのローン会社のカードローンは消費者金融系の金融会社と比較した場合、支払わなければならない金利が段違いに安く、借入限度額も高くなっています。しかしながら、審査を進めるスピードや即日融資の件については、消費者金融の方が相当早いです。 最初から無担保のローンであるのに、銀行みたいに低金利で融資をしてくれる消費者金融会社だって結構あります。そういう消費者金融会社はネットによって問題なく見出せます。 急いでお金を準備しなければならない状況になった際にも、即日融資に応じてくれる消費者金融業者だったら、急を要する状況で借り入れの申し込みを行っても、余裕で間に合う早さで申し込みに必要な一連の手続きができるのです。

破産宣告したらどうなる?

キャッシングに関することを比較したいなら、何が何でも健全な消費者金融比較サイトで検索してください。時に胡散臭い消費者金融を自然に紹介している物騒なサイトも見受けられます。 できるだけ金利が安いところに融資を頼みたいという考えがあるのであれば、これから紹介する消費者金融会社を特にお勧めします。消費者金融業者ごとに決められている金利がより一層低い所を人気ランキングとして比較してみました! もともと数か所の会社に借入金があったら、消費者金融会社の審査の結果、多重債務者であると判断され、審査をパスすることはかなり大変になるだろうということは不可避と言っても過言ではありません。 あまり有名ではない消費者金融だと、少々融資審査基準が緩いのですが、総量規制の適用範囲となるので年収額の3分の1を超える負債があると、新たに借り入れはほぼ不可能となります。 中堅クラスの消費者金融だと、つけ入れられて金利をつり上げてお金を貸し付けられる場合が多くありますから、即日融資の形で借り入れを申し込むなら、名前の通った消費者金融業者にて借り受けることをお勧めします。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法